スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 |
未婚の人に共通すること
婚活・婚カツ!(コンカツ,こんかつ)のターゲットは基本的に未婚の異性です。
自分や相手を分析することで、より的確な婚活・婚カツ!(コンカツ,こんかつ)への道が開けてくるかも知れません。

では、未婚な男女の共通点とは何なのでしょうか。
まず、行動力が不足しているという点が挙げられます。

「わざわざ参加するのなんて、面倒くさい」

「この間失敗しちゃったから、もうダメに決まっている」

「どうせ相手にしてもらえないから、やめておこう」

「返事も来ないから、もう忘れよう」

いわゆる消極的な姿勢ですね。
それ故に行動(婚活・婚カツ!(コンカツ,こんかつ))を起こさないというわけです。
ここまで極端なケースではなくとも、多少は心当たりがあるという方も多いのでは?
婚活・婚カツ!(コンカツ,こんかつ)は就活同然なのですから、行動しなければ変化が無くて当たり前です。
手が届くかも知れなかったチャンスを逃している、ということになりますよね。
そして、考えに具体性が無いという点も挙げられます。

「なかなか王子様と出会えない」

「いい男が現れない」

本人には結婚(婚活・婚カツ!(コンカツ,こんかつ))したいという願望があるものの、その言葉などに具体性が無いので、
周囲からはネガティブな感じに見えてしまいます。
自分にとっての「王子様」「いい男」が、実際にはどんな人物なのか。
しっかりとビジョンを持つことから始めないといけませんね。
ルックス、性格、職業、収入などなど、具体的に決めることは、いくらでもありますからね。
それは婚活・婚カツ!(コンカツ,こんかつ)の大事な第一歩だったりもしますよ。
相手に条件が揃っていることを、しっかりと見抜けないこともあります。

婚活・婚カツ!(コンカツ,こんかつ)の難しいところですが、経験を積むためにも行動力・具体性が必須と言えますね。

婚活で出会いを探すならこちら!! >> RINOVA STYLE
スポンサーサイト
[2012/04/20 17:15 ] | 婚活マメ知識 | コメント(0) | トラックバック(0) |
専門用語を知ろう
草食系男子や肉食系女子などの他にも、婚活・婚カツ!(コンカツ,こんかつ)に関係する言葉は、数々と生まれています。
そんな専門用語とも言える中の一部をご紹介しましょう。

まず「昆虫系男子」という言葉もあります。
主にルックスがイマイチで、アプローチなどの行動をしてはいるものの、内容もイマイチであるために認めてもらえない。
そして、そんなイマイチな自分を理解している。
草食系男子にもなれなかったタイプ。
確かに特殊なタイプの男性ですよね。
内面を理解できる女性であれば、婚活・婚カツ!(コンカツ,こんかつ)先としてもありなのかも。

「受身男」なんて言葉もあります。
基本は待つ。それが恋愛へ対する基本姿勢だそうです。
結婚したいけど、自分からは進んでいけない。
そもそも結婚に興味がないタイプもいるとか。
うーん、これは婚活・婚カツ!(コンカツ,こんかつ)先としてハードルが高そうです。

他にも「パラサイト男」「パラサイト女」とかですね。
これは少し前にパラサイトシングルなんて言葉も流行していましたから、何となく内容の想像ができちゃいますね。
要するに親の実家に居ついてる男性や女性のことですね。
生活面での不満が少ないこともあって、結婚に対しては積極性が少ない傾向が見られます。
婚活・婚カツ!(コンカツ,こんかつ)の場に出てくることも少なそうだけれども、本人の魅力はまた別のところにある可能性も高いタイプですよね。

最後に「ゆるキャリ」。
ゆるりとしたキャリアウーマンのことらしいですよ。
好きな職に就いて、仕事は自分のペースでこなし、収入もプライベートも満足に充実している女性を指すようです。
言葉は新しくても、内容は誰もが目標としているところですよね。
独立してフリーで働いている女性に多いようです。

男性から見た婚活・婚カツ!(コンカツ,こんかつ)先としては、うまく時間が合わなかったりして、ハードルが高いかもですね。

婚活で出会いを探すならこちら!! >> RINOVA STYLE
[2012/04/20 17:14 ] | 婚活マメ知識 | コメント(0) | トラックバック(0) |
婚活・婚カツ!(コンカツ,こんかつ)とは
近頃はテレビやインターネットなどで「婚活・婚カツ!(コンカツ,こんかつ)」なんて言葉が踊っていますね。
文字だけで見ると「結婚生活のことかなぁ」なんて思う方も、もしかすると多いかも知れませんね。

実は、正解は「結婚活動」なんですね。
最近使われ始めた新しい言葉だから、ちょっと抵抗があるという方もいらっしゃるかも?
婚活・婚カツ!(コンカツ,こんかつ)の語源は「就職活動」みたいですね。
略して就活なんて言いますものね。

『自分がコレだ!と選んだ相手に、自分をアピールして認めてもらう。』

言葉だけではなく、内容まで流れは同じと言えますよね。
そう、婚活・婚カツ!(コンカツ,こんかつ)とは、結婚という目的に向かって行動することなんですね。
婚活・婚カツ!(コンカツ,こんかつ)と言える行動は幅広くあります。
例えば、出会いのきっかけを作る場を求めるものですね。

結婚相談所に登録をしてみたり、合コンに参加してみたりといった、そんな出会いに対して「積極的だなぁ」と感じる内容だけではありませんよ。
異性と出会える職場やバイト先を選んでみたりとか、趣味を楽しむ延長でサークル活動に参加してみたいとか。
そういうのも婚活・婚カツ!(コンカツ,こんかつ)って言っても通用しますよね。
また、自分を磨く行為も立派な婚活・婚カツ!(コンカツ,こんかつ)ですよ。
花嫁修業として料理教室に通ってみたり、自分に合ったメイクアップの仕方を研究したり、何となく分かりますよね?
ある出会いをキッカケとしてお付き合いして、何が何でも結婚をしなければならない!
そんなことではありませんよ。
結婚するに相応しい相手かを見極めるのも重要な婚活・婚カツ!(コンカツ,こんかつ)ですし、ダメだ!と判断したら別れを経て、次の目標を探すのも婚活・婚カツ!(コンカツ,こんかつ)の1つです。
さらに結婚はゴールとも言えない時代です。
離婚から始まる婚活・婚カツ!(コンカツ,こんかつ)だってありますよね。

婚活で出会いを探すならこちら!! >> RINOVA STYLE
[2012/04/20 17:12 ] | 婚活マメ知識 | コメント(0) | トラックバック(0) |
草食系男子と肉食系女子
婚活・婚カツ!(コンカツ,こんかつ)に関係する色々な言葉があります。
流行により生まれてくると言葉なので、意味を理解しておくと役に立つかも知れませんよね。
まず「草食系男子」という言葉があります。
どんな男性のことを指すのかというと。

 ・いわゆる男らしさにコダワリがない

 ・女性とは友達感覚で付き合う

 ・そもそも異性をガツガツ求めていない

 ・お酒を飲んでも自我を崩さない

 ・暮らしぶりが堅実

などなど。

自分からは婚活・婚カツ!(コンカツ,こんかつ)なんてしない、という雰囲気ですね。
年代的にも従来の男性たちと違って、イケイケドンドンだった時代を知らないので、これからの未来に大きな期待を持っていない。
そんな背景があるようですね。
一般的な女性にとっての婚活・婚カツ!(コンカツ,こんかつ)先としては、多少は難度が高いのかも?
女性から草食系男子を見ると、男らしくリードをしてくれない、なども不満もあるようです。
まぁ、そうでしょうね。
同じ男性から草食系男子を見ても、いったい何を考えているのか理解できない、なんてご立腹のオジサマたちもいらっしゃるとか。

そして「肉食系女子」という言葉もあります。
どんな女性のことを指すのかというと。

 ・草食系男子を虎視眈々と狙っている

 ・待つより攻める

 ・駆け引きしない

 ・期待は持たない

 ・男は操作するもの

 ・昼間でもセックスの話題にオープン

などなど。

これぞ婚活・婚カツ!(コンカツ,こんかつ)!というノウハウに溢れていそうです。
その根底には、女性から上手にリードして、男性をコントロールしてあげなければ、男性は幸せを感じられないのだ!という信条が見え隠れしているようです。
婚活・婚カツ!(コンカツ,こんかつ)する上では参考にしたい点もあるのかも。

草食系男子と肉食系女子、そのいずれもが、従来の男性像、女性像を完全に打ち崩していますね。
婚活・婚カツ!(コンカツ,こんかつ)の中で相手の傾向を掴むために役立てたい知識です。

婚活で出会いを探すならこちら!! >> RINOVA STYLE
[2012/04/20 17:10 ] | 婚活マメ知識 | コメント(0) | トラックバック(0) |
そもそも結婚って?
婚活・婚カツ!(コンカツ,こんかつ)が幅広い意味を持っている、ということは分かりましたね。
では、そもそも結婚って何なのでしょう?

当たり前のことですが、一度整理してみましょう。

結婚というのは、男女一人ずつが結ばれることですね。
もしかしたら男女じゃないかも知れませんけど、この日本では男女です。将来は分かりませんが。
婚活・婚カツ!(コンカツ,こんかつ)は、この相手を探すことですね。
婚活・婚カツ!(コンカツ,こんかつ)の結果として結ばれると言っても、それは精神的なものではありません。
社会的・法律的にも婚姻届(こんいんとどけ)を提出した二人が結婚して夫婦である。

そう言うことができますね。

この法的な結びつき(契約)を大前提として、人間関係的な結びつき、経済的な結びつき、社会的な結びつき、などがあると言えます。
ここまで関係を持ってよい相手かどうかを、婚活・婚カツ!(コンカツ,こんかつ)で見極めなければいけませんね。
人間は生まれてくる時に親を選ぶことはできません。
親と子という関係は自動的に発生するものです。
仮に絶縁などがあったとしも、その関係が消えることはありませんよね。
生きていても、そうでなくても、永遠に親子です。

対して結婚はどうでしょう。
婚活・婚カツ!(コンカツ,こんかつ)で相手を選んで契約(婚姻)を結ばないかぎり、
夫婦という関係は発生することはありませんし、夫婦になった後も離婚などによって、関係を破棄することも可能です。
決して永遠ではありませんね。
契約(婚姻)を結んでいなくとも、生活基盤を共にする男女もいますよね。
俗に内縁の妻と言われていたり、事実婚だなんて表現もありますね。
そういうのも目指した大人の?婚活・婚カツ!(コンカツ,こんかつ)もありかも知れませんね。

婚活で出会いを探すならこちら!! >> RINOVA STYLE
[2012/04/20 17:06 ] | 婚活マメ知識 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。